「普段から会社のことをいろいろ考えているのだが、文章にまとめたり説明するのがどうも苦手で…」
「会社は順調なのだが、次の効果的な営業展開を考えるために、新しい視点から会社を見つめ直してみたい」
といった思いを持つ経営者や企業幹部にぴったりの合宿があります。「ビジョンマップ合宿」です。

ビジョンマップ合宿は1泊2日。参加者は、互いに話し手や聞き手になってペアトークしたり、全員で話し合ったりします。一人ひとりの思いやアイデアが、対話や全体討議を通してだんだんはっきりした像となってきます。

「お客様の幸せ」「働く人の幸せ」「会社の幸せ」「社会の幸せ」の4つの幸せについて、自分の会社ならどうした事柄がそれに該当するか、今後どういう取り組みをして4方向の幸せを実現していったらいいか、考えるためのワークをします。

4つの「幸せ」といった観点から、自分の会社運営のアイデアをチェックし直しすと新たな気づきも生まれます。

ビジョンマップ合宿では、対話による気づきとマップシートに記入することでの気づきと、両サイドから自分の経営や会社のあり方を見直すことができます。現状に対する真摯な見直しは、これまで漠然としていたアイデアの見える化につながり、次の発展への足掛かりとなります。

先ごろ行われたビジョンマップ合宿では、マップのメッセージとして、「しあわせ連鎖の発信基地」「しあわせをつくるファンタスティック・プレーヤー」「思わずあふれる笑顔の和」といった明るい言葉がいくつも登場しました。

この合宿には、二代目社長、20周年を踏まえて次のステップへの展開を考える経営者、キャリアコンサルタントなど多様な業種の人が参加しました。

ペアトークも徐々に熱を帯び、元気いっぱいの合宿になりました。これから起業しようと考えている人にも、自分の企業イメージや戦略を点検する上で、大いに役立ちそうです。

ビジョンマップ合宿の参加者からは、こういった声が寄せられています。
「イメージが少しずつできてきた。考えが多く、まとめるのに苦労しました。発想が苦手ですが、壁をやぶるために頑張りたいと思います。狭い自分の世界が広がった気がしました」(販売業社長)
「普段、そこまで深く掘り下げることのない自分の仕事・会社について、とことん突き詰めて考え、ディスカッションを重ねることで、今までと違った視点で会社をとらえることができました。今後への力強い自信と指針が生まれました」(販売業・社長)
「一般的に言われる『お客様よし』『会社よし』『社会よし』の『三方よし』をさらに掘り下げ、『スタッフよし』が加わることによって、会社をとりまく関係者が『人も組織も幸せ』になってゆけることが見える化されます。この合宿で、『何が会社を動かし、発展してゆくのか?』その源を発見し、組織で共有できるステップを踏むことができます」(教育事業社長)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.

最近の投稿